画像:auウェルネス オンライン診療

auウェルネスのオンライン診療を受けてみたら、すごかった件【まゆみ&ジョニー】

まゆみ:困る
ねぇジョニー? じつは私、不眠症だったの……。
ジョニー:困る
それは辛かったね。日本では、成人人口の30〜40%に不眠の症状があって、不眠大国だって聞いたことがあるよ。まゆみちゃんはどんな症状だったの?
まゆみ:困る
私の場合は、寝つきが悪い“入眠障害“。他にも夜中に何度も目が覚める中途覚醒とか、朝早く眼が覚める早朝覚醒、単純に眠りが浅いって症状もあるみたい。
ジョニー:困る
どれもよくある症状だけど、実は大変なことだよね。病院には行ったの?
まゆみ:困る
それがなかなか時間が取れなくて……。ちょっと不安だったんだけど、auウェルネスの無料会員だからオンライン診療を受けてみたんだ。そこで先生に色々聞いてきたよ。
画像:睡眠と生活習慣病との深い関係について
まゆみ:困る
不眠症のデメリットは3つあって、ひとつは身体への影響。不眠が続くと、肥満にもなりやすく、睡眠時無呼吸症候群と合わさって眠りの質が下がるみたい。実際に不眠症患者はそうでない人と比較して、肥満のリスクが1.31倍高かったというデータ※もあるんだって。あと、免疫機能の低下や慢性的な疲労、脳卒中や心筋梗塞の発症リスクも高まるって言ってたよ。
ジョニー
まさに負の連鎖だね……。他のふたつは?
まゆみ:困る
あとは、精神的・心理的なデメリットと社会的なデメリット。不眠になると認知機能の障害、うつ症状や不安の増加なんかにも影響するんだって。こういう精神的な面と、さっき言った身体的デメリットの影響で学校や仕事にも影響が出て、パフォーマンス低下や、マルチタスクができなくなってしまうこともあるんだとか。家族や友達との人間関係にも負担が出てきちゃうみたい。
ジョニー:困る
聞けば聞くほど、不眠症って怖い病気だね。
予約も簡単! オンライン診療の詳細へ
ジョニー:困る
よく話が聞けているね。さっきまゆみちゃんも言っていたけど、オンライン診療って不安じゃなかった?
まゆみ:困る
もちろん最初は怖かったの。単純に初めてだからというのもあるし、うまく操作できるかなとか、あと、モニター越しで本当に診断できるのかなって。
ジョニー:困る
確かにその不安はあるよね。平気だった?
まゆみ
全然平気だった! 説明通りに進んでいったら、あっという間に予約できちゃった。あとは予約した時間に先生と話すだけ。親身になって話を聞いてくれたから、すごく安心感があったよ。
ジョニー:喜び
それは良かったね。勇気出してやってみたおかげだね。
まゆみ:笑顔
うんっ! それにね、オンライン診療って良いことばかりなんだって分かったの!
画像:オンライン診療のメリット
まゆみ:疑問
気になる症状はあるけど時間を作れなかったり、病院行くほどでもな〜って考えちゃったりってない?
ジョニー:驚き
それはみんなあると思う!
まゆみ
その点オンライン診療なら、移動や待機の時間がなくて気楽に相談できる! 特に不眠症の場合、症状によって内科へ行くべきか心療内科へ行くべきかが変わるから、病院の二度手間を防ぐこともできるよ。
ジョニー
それは確かに便利だね。診療報酬も安いの? あと、薬ってどうするの?
まゆみ:笑顔
診療報酬にはルールがあって、病院での初診料は288点、オンライン診療は251点。1点=10円だから370円安い計算※になるね。
まゆみ
薬は郵送でもらえるよ。診てもらった当日に届けることもできるみたい。薬局での待ち時間もなくせるのは良いよね。
ジョニー
なるほど、オンライン診療って良いものなんだね。
まゆみ
もちろん、症状によっては直接診てもらわないといけないものもあるよ。でも、時間や手間で病院に行くのを躊躇している人には、是非一度試してみて欲しいな。
ジョニー:笑顔
いつも教える側だったけど、今回はまゆみちゃんに教えられちゃったな。お礼にアイスでも奢るよ。
まゆみ:笑顔
やった〜! 今夜はゆっくり眠れそう♪
予約も簡単! オンライン診療の予約へ

ライター:宮川筋肉